事業内容

事業内容

外構工事や左官など一般家庭、また店舗の床などデザイン的な装飾を手掛けております。打合せを重ねるうちにお客様のご希望が増えてきたり、最初の見積りから変わっていく事もあると思います。お客様の要望を汲み取り、ぞれに準じ満足のいくものを提供致します。

ちょっとした小さな工事から大きな工事まで幅広く承ります。 お気軽にご相談ください。

外構工事

家の外をおしゃれに快適に

ブロックとコンクリートなどを基本ベースに、門、塀、植裁、舗装、側溝、排水など家の外側の工事を行います。
外構には風格ある門扉や塀を設け、伝統的な日本建築に多く採用されるクローズド外構。門扉や塀の代わりに樹木や草花を植栽し、開放的で街並みに調和したオープン外構。 また以上2つの要素を取り入れたセミクローズド外構は日本では主流となっています。

タイル工事

壁や足元からデザイン

各種タイル貼り、石貼り等。 モザイクタイルから大判タイルまで広範囲で対応いたします。タイル下地からタイル張りまで職人が責任を持って施工します。 工事の代表的な例としては、キッチン、浴室、その他玄関などの内装の床や壁などがあります。 タイルの工法には、主に、圧着貼りとマスク貼りがあり、圧着貼りは、モルタルの上からタイルを押さえ込んで貼る工法です。マスク貼りは、モザイクタイルユニットの裏面にマスクを当ててモルタルを塗って貼る工法です。

左官工事

壁や床、塗りの技

モルタル、プラスターなどの水で練った塑性材料を下地に塗り付けて住宅や店舗の壁、床、天井などを仕上げます。 左官の壁には、珪藻土や漆喰、その他、火山灰を使用したもの、炭を使ったものがあり壁自身が呼吸をするため、その吸放湿効果が注目されています。湿度が適度に保たれるため、居心地のよい商空間・住環境を作り出します。繊細な壁塗りは職人の腕の見せ所です。

塗り替え工事

和室の壁をキレイに新しく

砂壁は、 和室・床の間の内壁に取り入られていることがほとんどです。 糊液で色砂を練って上塗りして仕上げた壁のことで、主に土壁に対して使われ綺麗な壁を仕上げます。
和室の壁は古くなってくると壁面が削れることにより、砂が落ちて汚れやすいので、掃除の手間がかかります。日本は梅雨があり高温多湿になる時期が多く、そんな気候を過ごしやすくするために、古くから日本家屋では「塗り壁」が使われてきました。塗り壁には湿気を吸ったり放出したりする性質があり、室内の湿度を快適に保つことができます。また、外壁に施工された塗り壁は、外気の熱気や冷気を室内に伝えにくくする断熱効果がり、室内の温度を快適に保ちます。